〜ヨモギ栽培システムを発売!〜
〜ヨモギの確保に最適!〜栽培プラント&契約栽培〜

ヨモギの現状
ヨモギは国産生産の割合が数%で、その多くは中国から輸入されています。「食の安全」を求める 消費者の声は大量消費している製パン業、製菓業に少しずつではありますが影響を与え始めました。

ヨモギ採取の困難さ
ヨモギ採取は野山でできますが、除草剤の影響から少なくなり、人里離れた場所へと 奥地化しています。採取しても「1時間未満に枯れる」ことからより難しくなっている状況です。。

加工ヨモギの種類
生食用では採取後の処理法や運送便にコストがかかります。加工ヨモギには茶葉乾燥、青葉乾燥、冷凍があります。 乾燥品では茶葉粉末、青葉粉末、青葉パウダーがあります。

ヨモギの栽培法
露地栽培では除草手間の多さからコスト面で採算が合いません。ハウス栽培は、高床式で地上1mの棚を設置して無農薬栽培 をしています。

栽培システムは何をしますか?
栽培システムでは、高床式ハウスプラント、栽培指導、栽培ノウハウ、加工ノウハウなどがセットされています。

数量はどれ位ですか?
生葉換算で10アール当たり3000kgを予定しています。

システム導入費用はどれ位ですか?
10アール当たり2千万円を予定しています。

契約栽培とは?
「安全を自ら確保したい」という企業向けに契約栽培及び農作業請負を致します。


お問合せは、 jujigun@showakikaku.co.jp      昭和企画 Top Page